ワードで文書を作る時のコツ2

皆様こんにちは(^O^)
今回のテーマは、
「ワードで文書を作る時のコツ2」です。

以前書いたものの続きというか捕捉になります。
まずは以前書いたもののおさらいから。

1、まずはひたすら文字を入力する
2、1行目から順々に飾りつけをしていく
3、写真や絵などを入れていく
詳しくはこちらをご覧ください。

これが基本的な書き方です。
その際に注意したほうが良い点を書きます。

1、余白を意識する
ワードで文書を書く白い部分がありますが、その白い部分の4つ角に区切りの線があると思います。
これは何かというと、余白を決める線です。
これ皆様大変勘違いが多いのですが、印刷されるのは、白い部分全部です。
この4つ角の線の内側のみ印刷されると思われている方が多いです。
おそらく、印刷業界などで使われる「トンボ」と似ているので勘違いが起こると思います。
ということで、印刷されるのは、白い部分だという事を意識しておきましょう(^O^)

2、画面の拡大縮小を頻繁に行う
文字を書いたり、絵を入れたりしているときは、その部分に意識がいきます。
ですが、いざ出来上がり印刷をしてみるとバランスが悪いものが出来上がっている事があります。
これは作成段階から、全体が見れていないからです。
一部分だけをみているときと、全体を見ているときでは大きく印象が異なります。
ここで出てくるのが、ワードの画面右下にある「拡大縮小」のボタンです。
これを押していただいて、全体を見る癖を付けましょう。
これは最後だけと言わずに、こまめに拡大縮小をしたほうが良いです。

3、選択は「元に戻す」ボタンでは出来ない
操作に失敗したら必ず自分で直さずに「元に戻す」を押しましょう。
自分で直しているとどんどん失敗してしまいます。
必ず「元に戻す」ボタンを押しましょう。

ですが、ここでもよくある勘違いがあります。
「選択」に関しては「元に戻す」ボタンで戻すことはできません。
元に戻せるのはなんらかの指示だけです。
色をつけるとか、図を入れるとか、文字を太くするといった指示は元に戻せるのですが、
選択は元に戻せません。
なぜなら、選択は戻さなくても、再度選べばいいからです。
これを知らずに元に戻していくと、今まで行った操作が全て消えていくのでご注意を(^O^)

それでは今回はこの辺で失礼いたします<m(__)m>