年賀状の作り方

皆様こんにちは(^O^)
今回のテーマは「年賀状の作り方」です(^O^)

年賀状の作成の際にお悩みの事はないですか?
最近、多くの方がパソコンで作成をされます。
ではその時にどのようなソフトを使われるでしょうか?
年賀状はどうやって作ったらいいのかをよく質問されます。

一番簡単で利用率が高いのが、「年賀状作成ソフト」です。
多くのメーカーから数多く出ております。
これらの特徴は、

1、「表面(宛名)」と「裏面(いわゆる通信欄)」に分かれている点
2、テンプレートや絵柄が豊富
3、操作が割と簡単
4、住所を一度登録すれば来年も使える

など年賀状を作るための最適の条件が整っております。
また、割と誤解されている方が多いのですが、年賀状以外も作成できます。
「暑中見舞い」「お礼状」などのはがき関係はもちろんですが、
「カレンダー」「ラベルシール」「うちわ(制作キットを使用)」など幅広く作成できます。

ちなみに、キュリオステーションでは「筆ぐるめ」の授業を行っております。
「筆ぐるめ」ですが、パソコン購入時に、最初からインストールされている事が最も多いソフトです。
ですが、最初から入っているものは、市販で別に購入したものと比較すると絵柄が少ないのでご注意ください。

さて、ここまで、年賀状作成ソフトのお話をしてきましたが、年賀状を作成するためにはそれが無いと出来ないのですか?という質問も多くいただきます。
答えは、他のソフトでも作成が可能です。
例えば、皆様がよくご利用されているであろう「ワード」
これで作成することもできます。
用紙が通常はA4サイズになっているかと思いますが、
それをはがきサイズに変えてください。
その大きさで作り始めると出来ます。

ちなみに宛名はエクセルと連携させてください。
エクセルに、住所録を作成し保存します。
ワードを新たに開いて、差込印刷を行えば宛名面の印刷も可能になります。

パソコンの基本はソフトを使ってファイルを作ることです。
年賀状を作ろうと思った場合は、年賀状の大きさの用紙に好きな絵柄が書けることが出来るソフトであれば何でも作る事が出来ます。
年賀状いいもの作れるといいですね(^O^)
それでは今回はこの辺で失礼いたします<m(__)m>