皆様こんにちは(^O^) 今回のテーマは「文書作成の際にパソコン操作の時間短縮をする方法」です。

パソコンで案内文や、表など作成するときに時間がかかっていませんか? 内容を考えるのに時間がかかるのはしょうがないですが、 パソコン操作する時間を短くすることが出来ればいいと思いませんか? その時のコツをお伝えさせて頂きます。

ちなみにですが、ある程度の操作をマスターするのが一番早い方法です(^O^) とはいっても、なかなかすぐに使いこなすのは難しいと思います。 その際のコツをお伝えいたします。

 

1、悩む前に操作をしてみる

「こうやったら余計に変になるかな?」 「これを触ったら失敗するかな?」 とか思って、なかなかボタンを押せないことはないでしょうか? お気持ちわかります(^O^)

ですが、悩んでもいても前に進みません。 まずはボタンを押してみましょう! その時に一つだけ覚えておいたほうが良いことがあります。 それは「元に戻す」ボタンです。

失敗は当たり前と思ってください。 それで、失敗して自分で直そうとすると、余計に失敗してしまいます。 必ず「元に戻す」ボタンで直しましょう! この癖づけを早い段階でつける事が出来ると、パソコン操作の時間大幅短縮につながります。

 

2、選んでから操作方法を考える

「どのボタンを押せばいいのかな?」と考える際に、 選択をせずに悩んでいませんか?

最近のワードやエクセルは選ばないとボタン自体が出てこないものが多いです。 「どのボタンでやるんだろう?」 と探すのは大変いいことなのですが、 探す前段階として 「まずは選ぶ!」 これを癖づけてください。 選んでから考えるとこれも操作時間の大幅短縮につながります。

選ばずに、「どこにボタンがあるんだろう?」と探していても ボタン自体が出てきていないのです。 だとしたら、どれだけ頑張っても見つけることはできません。 その後、選んでようやく「ここにボタンがあった・・・」となるのです。 まずは選ぶ! それからボタンを探す癖をつけてみましょう(^O^)

3、コンピュータ任せにしない

パソコンって最初に触ったころは「なんでも出来る魔法の箱!」って思っていました。 確かになんでも出来るのですが、唯一出来ない事があります。 それは「人間の気持ちを読み取ること」です。 どれだけ人間が「こうしたい!ああしたい!」と思っていても パソコンには伝わりません。

パソコンを触り始のころは、パソコンになんでも任せてしまおう!と思ってしまいます。 その気持ちがあると、ついつい選択や自分の作ろうと思っているイメージさえもパソコンが理解できると思ってしまいます。 まずは、パソコンを人間と同じと思ってみましょう(^O^) 自分では分かっていても、伝えないと他の人には伝わりません。 パソコンは何でもやってくれるけど、自分の気持ちを伝えないといけないと思いながら操作してみましょう(^O^)

いかがでしたでしょうか? ぜひご参考にしてください。 それでは今回はこの辺で失礼いたします<m(__)m>