日常生活でパソコンスキルをアップさせる方法

皆様こんにちは(^O^)

今回のテーマは 「日常生活でパソコンスキルをアップさせる方法」についてです。

日常生活の中で、パソコンがなくてもパソコンに関連する学習をすることが出来ます。 それが実際にパソコンを操作するうえで結構役に立ちます。 私が行っていることをいくつかお伝えいたします。

 

1、頭の中でワード文書を仕上げる

ある程度、ワードが使えるようになった方にお勧めの学習方法です。

街中を歩いていると、たくさん広告、チラシ、ポスターなど貼ってあるかと思います。 それを見て、頭の中で、ワードで作り始めます。 文字を書いて、文字を真ん中に寄せたり、絵を入れたり、表を入れたりと頭の中で、パソコン操作をしていくのです。 「図を入れるときは、挿入タブ(2007以降を前提として話しています)の図の挿入で入れて、それを折り返しは前面がいいかな?。それを小さくしてこの辺に配置して」などと頭の中ですべての操作を行っていくのです。 どこに何のボタンがあるかが分からない場合は、まだボタンの位置や、操作方法が覚えきれていないという事です。 ある程度使えるようになったら、ぜひこれを試してみてください。 やっていると、 「あれ、この部分はワードでどうやったら作れるんだろうか?」など疑問がわいてきます。そんな時は、ご自宅に帰られて、実際のワードでボタンを探してみてください(^O^)

2、テレビや、チラシなどを観察する

チラシや案内文などを作るのが苦手な方にお勧めです。

デザインセンスは簡単に身につくものではありません。 まずは、真似から始めてみましょう! 身近で出来る方法があります。 それは、チラシやポスターなどをよく観察することです。 街中で気になったポスターとか目に入ることないですか? たぶんそれは自分自身が興味があるものだと思います。 それを、よく見てみましょう。 写真にとって、家に帰ってから、ワードなどで作ってみると面白いと思います。 ワードでどこまで再現できるかとチャレンジするとかなりワードのスキルが上がると思います。

また、全体ではなく、一つ一つの文字までよく見てみましょう。 単に赤色だと思っていたものが、周りに白色の縁取りがしてあったり、影がついていたりします。 これら、ぱっと見たときは何も気づきませんが、よくよく見るとかなりこってあるのです。 最近気になるのはテレビのテロップです。 バックの色とかぶさらないように、周囲に工夫が施されています。それを参考に作成してればいいものが徐々にできてきます。

ちょっとしたことですが、日常でも色々とパソコンの勉強が出来ます。 それでは今回はこの辺で失礼いたします<m(__)m>