スマートフォンについて

皆様こんにちは(^O^)

今回のテーマは「スマートフォン」についてです。

さて、スマートフォンはパソコンではないですが、パソコンみたいなものです。 最近ご質問も良く受けるのでスマートフォンの基礎知識について書いてみたいと思います。

ざっくり言うと、スマートフォンとは、通話機能がある超小型パソコンとイメージしてください。その中に、ソフトを入れて色々な事が出来るようになります。 そうなのです。 ここでも必ずソフトが必要なのです。 ちなみに、スマートフォンでは、その事をアプリといいますが、似たような事とご理解ください。 そもそも、正式には「アプリケーションソフト」が正式な呼び名です。それが、「アプリ」と略されているか、「ソフト」と略されているかの違いです。 厳密にいうと、ソフトウエアの定義は異なりますが、大体同じような意味合いでお考えいただいていいと思います。

スマートフォンは大きく分けて2種類あります。 一つは、「iPhone」 もう一つは「アンドロイド」 この2種類に分かれます。 聞いたことはあるけど、それぞれ明確な違いは分からないという方多いと思います。

まずは「iPhone」 「iPhone」は「アップル社」の製品です。 アップル社は、マッキントッシュ(通称マック)や、iPad、iPodなどを出している会社です。 基本的に、製造から全部、アップル社にて行っております。 これだけ書くと、ピンとこないと思うので、先にアンドロイドの話をしましょう。

「アンドロイド」ですが、OSはグーグルが出しています。 「OS」という言葉が出てきました。 以前にも書きましたが、おさらいすると、ソフトを束ねる監督さんのような役割をする重要なソフトの事です。 ちなみに、パソコンでは、「Windows」などがそれに当たります。

そうなのです。 アンドロイドは、グーグルがOSを出して、そのOSを使って、各社がスマートフォンを作っているのです。ということで、アンドロイド携帯を厳密にいうと、

「グーグル社のアンドロイドというOSを使っているスマートフォン」

という感じでしょうか。という事で、アンドロイドのOSを使って、各メーカーさんが携帯を出されております。ちなみに、「iPhone」のOSは「iOS」といいます。

例えるなら、パソコンは色んなメーカーさんが出されています。 ですが、購入すると大概は「Windows」が入っています。 ですが、中に入っているソフトは各メーカによって異なりますし、パソコン本体自体のデザインも異なります。そんなイメージを、アンドロイドには持ってください。

アンドロイドの話を聞いた後だと、「iPhone」の話が少し見えてくると思います。「iPhone」のデザインや、中身などすべてにおいてアップル社で企画製造しているものになります。

それぞれの、内容ですが、それはスマートフォンを買う時に、店員さんに聞いてみてください)^o^( とりあえず、基礎知識という事で。

それでは今回はこの辺で失礼致します<m(__)m>