ドライバーって聞いたことありますか?

皆さんこんにちは(^O^)
今回のテーマは「ドライバーについて」です。

ドライバーという言葉を聞いたことがありますか?
プリンタや、無線LANなどを購入したときに、CDが付いていませんでしたか?
それがドライバーです。
それが無いとプリンタなどは使えないのです。

よくある間違いが、プリンタを購入してそのまま、パソコンに線をつないでしまう事です。
それでは動かないのです。

ちょっとたとえ話。
全く知らない家電を購入した場合に、まずは何からするでしょうか?
おそらく説明書を皆様読まれると思います。
説明書がないと手順がわからないですよね。
コンピューターも同じで、プリンタを突然渡されても、何をどうしていいか分からないのです。
プリンタを接続するのであれば、そのプリンタの説明書をパソコンに見せてあげる必要があります。
そうです。それが「ドライバー」です。
そのCDの中には、プリンタの動かし方が書いてあります。
それは人間がみるものではなくてパソコンが見てわかるような仕組みになっています。
それで初めてパソコンはプリンタを使えるようになるのです。

ちなみに、CDがなくなった場合は、メーカーのホームページから
ドライバーをダウンロードできます。
CDではないですが、セットするための内容だけもらえます。

さて、プリンタだけではなく、パソコンに接続して使うものは何でもドライバが必要となります。
当然マウスもドライバが必要です。
「え?でもマウスを使う時に、CDなんか入れなかったよ」
という声が聞こえてきそうですね(^O^)

マウスの場合は少し特殊で、マウスをつなぐときに、同時にドライバーがインストールできるようになっているのです。
こういうのを「プラグ・アンド・プレイ」といいます。
ひょっとしたら聞いたことあるかもしれないですね。

という事で、パソコンはどんなものでもドライバーがないと動かないのです。

では今回はこの辺で失礼いたします<m(__)m>