皆様こんにちは(^O^)

今回から数回に分けて勉強の秋を前に、パソコンの資格についてお話をしていきたいと思います。
パソコンの資格と言ってもたくさんあります。
よくあるご質問が
「どれを取得したらいいのか?」
「どう違うのか?」
という事を言われます。
その辺の事を数回に分けてお話していけたらと思います。

1回目は『マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS)』です。

これは名前くらいは聞いたことがある方も多いと思います。
正式名称が上記の「マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト」になります。
それぞれの頭文字をとって「MOS」となり、
通称「エムオーエス」「モス」という呼ばれ方をします。

この資格は、マイクロソフトが公認する資格です。
マイクロソフトは言わずと知れた、Wiondowsを出している会社です。
そこが出している、オフィスでよくつかわれるソフトが「ワード」「エクセル」などになります。そのスキルがどのくらいあるかを図る試験がMOS試験になります。

●試験概要
「2003年版」「2007年版」「2010年版」というように、新しいオフィスシリーズのバージョンが出てくるたびに新しい試験がリリースされます。

科目でいうと「ワード」「エクセル」「パワーポイント」「アクセス」「アウトルック」の試験があります。それぞれ単体の試験になります。

まとめると
「MOSワード2010」
「MOSエクセル2010」
「MOS2010パワーポイント」・・・

「MOSワード2007」
「MOSエクセル2007」
「MOSパワーポイント」・・・

「MOSワード2003」
「MOSエクセル2003」
「MOSパワーポイント2003」・・・
というように分かれます。
それぞれのバージョンごと及びソフトごとに試験があります。

●試験内容
白紙の状態から、作成していく試験ではなく、すでに出来上がっている状態のファイルを元に、一部分だけ付け加えたり、修正したりする問題です。それが多く出てきます。

例えば
「セルC10の中にセル範囲C2からC9の合計を求める計算式を入れてください」
「セルA3の書式だけをセル範囲B3:H3にコピーしてください」
といった問題が出てきます。
それらの問題を解いていくという流れになります。

制限時間は50分です。
バージョン、試験科目によりますが20問から25問くらい出題されます。
1問につき設問が1~3程度あるので、総合すると50問前後の問題が出てきます。

●試験会場・試験日
全国に試験会場がありますのでお近くの試験会場で受験することが可能です。
試験日は、試験会場ごとに異なります。
ちなみにキュリオステーション広島緑井校では、ほとんどの日で試験を受けることが可能です。
詳しくはホームページをご覧ください
http://pc-midorii.com/test/index.html

●全国一斉試験と随時試験
試験には全国一斉試験と随時試験があります。
全国一斉試験は毎月決められた日、決められた会場で行われます。
ちなみに全国一斉試験も随時試験も試験内容は一切変わりません。
どちらで受験したとしても同等の資格証明となります。

●私の総評
幅広い基礎力を身に着けるのに最適な試験です。
また知名度も高いため、ワードやエクセルの証明として多くの方が受験される資格試験です。
最初にパソコンの試験を何か受けようと思われている方はこのMOS試験が最もお勧めです。

いかがでしたでしょうか?
それでは今回はこの辺で失礼いたします<m(__)m>