ブラウザについて

皆様こんにちは(^O^)

今回のテーマは「ブラウザについて」です。

ブラウザって聞いたことありますか?

「聞いたことある」という方。 「聞いたことない」という方。 「触った事がない」という方。 色々といらっしゃると思いますが、「触った事がない」とおっしゃった方! それは嘘です。 このブログを見てい頂いているという事は、「ブラウザ」を必然的に触っているという事になります。 ブラウザというのは 「インターネットを見るためのソフト」の事を言います。

「いやそんなことないよ。いつもインターネットを見るときは『インターネット』というボタンを押しているよ」という方! 仰る通りです。 そのボタンも、ブラウザの一種なのです。 厳密にいうと、ブラウザの種類のうちの一つの「インターネットエクスプローラー」だと思われます。

パソコンを操作するには必ずソフトが必要になります。 これは毎回言っていることですね(^_^.) これを理解することがパソコン理解の一番の近道なのです。 頭では分かっていても、いざという時に分からないのはまだその感覚が理解できていないという事です。

話がそれましたが、インターネットを見るためにも必ずソフトが必要になります。 そのソフトの総称が「ブラウザ」といいます。 その中でも代表的というか、おそらく多くの皆様が使われているのがマイクロソフト社の「インターネットエクスプローラー」です。

他の例でいうと、「文書」を作るためのソフトは「ワープロソフト」といいます。 その代表的なものが、「ワード」になります。

多くの方はウインドウズを使われていると思います。 ウインドウズを出しているのはマイクロソフト社です。 そのマイクロソフト社が、出しているブラウザがインターネットエクスプローラーになるので、購入時から入っているのです。

ですが、それ以外のソフトもたくさんあります。 代表的なものを挙げると ・アップル社の「サファリ」 ・グーグル社の「クロム」 ・モジラ社の「ファイアーフォックス」 ・オペラ社の「オペラ」 などなど

多数の会社から出されております。 それぞれインターネットを見る事が出来ます。 ソフトによって、最初の画面が違ったり、使い勝手が特徴があったり、検索速度が速かったりと各社特色があります。

自分のパソコンに入れるのは簡単です。 今お使いのブラウザに「名前 ダウンロード」などと入れればダウンロード画面が出てきます。 あとは指示に従ってインストールすれば、使う事が出来ます。 「前のブラウザはどうなるの?」 と聞かれそうですが、前のブラウザも残っております。 全てのプログラムの中を見てみてください。 あると思います。 どちらも使う事が出来るようになります。

話は変わりますが、よく、「インターネットの画面が最近変わった」 という質問を頂きます。 これはおそらく、違うブラウザになったのではないかと思います。 「え!勝手に変わることがあるの?」と聞かれそうですが、それはありません。 ご自身でソフトをインストールしないことには変わることありません。

まれに、 何かのソフトを入れた際に、そのインストール途中で、「このブラウザを使いますか?」といった画面が出てくることがあります。 それを知らずに許可していつの間にか変わっていたという例があります。 (先週のおさらいですね。画面をよく見てみましょう!)

いかがでしたか?

それでは今回はこの辺で失礼いたします<m(__)m>