Wi-Fiについて

皆様こんにちは(^O^)

今回のテーマは、「Wi-Fiについて」です。 まず、読み方はご存知でしょうか? これは「ワイファイ」と読みます。

さて、名前はよく聞かれると思いますが何をするものでしょうか? 最近は、スマートフォン、タブレット、モバイルパソコンなどと繋げたり、ゲーム機などでも使用します。簡単にいうと、インターネットを無線でつなぐ「無線LAN」の通称です。

そもそもインターネットをするためにはどうしたらいいのでしょうか? そこからお話をしたいと思います。 一旦ワイファイの話を置いておき、通常のインターネット回線のお話をしましょう(^O^)

インターネットをするためには、基本的には回線契約をする必要があります。 大きく分けて、「光回線」と「電話回線」に分けられます。 光回線は、世の中で最も早いといわれる光を活用して、世界中に線が張り巡らされているのですが、それの線を使ってやり取りを行います。家のご近所までは線が通っていますが、その線を家に引くためには工事が必要になります。工事といっても線を引くだけなので1、2時間程度で終わります。 電話回線を使用するものは主に「ADSL」と言われるものです。今使用している電話の回線を利用してインターネットもする事が出来ます。これも工事が必要ですが、線はすでに来ているので、基地局のみの工事となり、ご自宅での工事はありません。

さあ、これでインターネットが繋がるのですが、その際に、インターネットをするための機械が必要になります。工事の際に、つけてくれる小さな箱のようなものです。それに、線を繋げて、パソコンと線を繋げれば、インターネットが出来ます!

さて、ここで困るのが、パソコンとインターネットの機械が遠くにある場合です。 1階にインターネットの機械があり、2階にパソコンがあるとか… そうなってくると、長い線を買ってくる必要があり、配線などがとても大変になります。 それでもいいのですが、そこで出てくるのが「無線LAN」です。 直接、機械とパソコンとを線で繋ぐのが「有線LAN」(線があるってことです) 線がなく電波で飛ばすのが「無線LAN」(線がないってことです) その無線LANの通称が「Wi-Fi」になります。

インターネットの機械の横にもう1つ無線の電波を飛ばす機械を設置してそれから電波を飛ばせば、パソコン側でその電波をキャッチしてインターネットが繋がるようになります。 ちなみにですが、パソコン側には、電波をキャッチする為の子機が必要になります。ノートパソコンには最近大概ついております。デスクトップ型にはついていない場合がありますが、購入して取り付ければどのパソコンでも出来るようになります。

それでその「Wi-Fi」の電波を使えばインターネットが出来るようになるのですが、ここで問題が! 電波というのは、「家の中だけ」とか「マンションの部屋の中だけ」といった事が出来ません!ということで、電波が漏れているとその漏れた電波を拾って他の人がそれを使い、悪用される可能性があります。 そこで出てくるのが、「無線電波の暗号化」です。無線の電波に暗号をかけます。それによって、その電波は暗号を知っている人しか使う事が出来なくなります。この暗号だけは必ずかけておきましょう。

さあ、だいぶ回線について理解できて来たでしょうか? では、もう少しお話をします。 無線LANですが、最近は公衆無線LANといい、いろんなところに基地局を設けて、無線の電波を飛ばしています。それを活用した、「モバイルWi-Fiルーター」というのを使えば、外に出たときでもインターネットが使えます。「モバイルWi-Fiルーター」は色んな会社が出されているので、それぞれ会社と契約をすれば使えるようになります。月額料金は、固定の回線よりもお安めですが、速度は、固定回線よりも遅く、場所によってはつながらないところもあるので、ご自宅でのメインの回線として使おうと思われた場合は一度試してからをお勧めします。

最近は、スマートフォンが多く出てきましたが、携帯電話会社さんが、「Fi-Fiスポット」というのを設けていらっしゃいます。そこでは、そのスマートフォンやタブレットPCなどをおもちであれば、そのエリアでWi-Fiが使えます。その場合は、皆様に使っていただくことをメインにしているので暗号化はされておらずそのまま使えます。

いかがでしたでしょうか?

それでは今回はこの辺で失礼いたします<m(__)m>