皆様こんにちは(^O^)/

今回は「就職するのにパソコンスキルはどの程度必要か? その17」です。

なぜこのお話をするかと言うと、求人欄には必ず
「パソコンが出来る方」
「ワード・エクセルが出来る方」
など書いてあるかと思います。その手の、お問い合わせが非常に多いからです。

 

パソコンが上達するのが早い方の特徴をお話します。

「指導者をつける」
「素直に聞く」
「まずやってみる」

この辺が出来ている方は上達が早いです。
指導者を付けると言うのは非常に重要です。

どんな人でも必ず成功している人には指導者がいます。
自己流でやると正しい方向にいけなくなります。
本を買ってやるでも良いですが、細かなニュアンスや、生身の声では全く違います。
効果は10分の1でしょう。
コストを取るか、効果を取るかで判断して下さい。

その指導者の言う事を素直に聞ける人は伸びるのが早いです。
指導者の言う事に対して反論をするようでは伸びません。
気に入らないのであれば、指導者を変えるべきです。
指導者の言う事は必ず聞きましょう。

まずはやってみてください。
やらないと何が出来ていて、何が出来ていないかの判断がつきません。
必ずやってみてから指示を仰いで下さい。

この辺りできていますか?(*^_^*)

今回もお読み頂きありがとうございました(^O^)/

パソコンが学びたい方は当教室までご連絡ください
あなたに最適なお勧めをしたいと思います(*^_^*)