インストール時の注意事項について

皆様こんにちは(^O^)

今回のテーマは 「インストール時の注意事項について」 です。

パソコン操作が最初は不慣れだったとしても、徐々に慣れてくると思います。 結局、今までパソコン自体を触った事がないので不安だったという事に気づいてきます。 その結果、 「前もこれ似たような事をやったな。大丈夫大丈夫」 とすぐに「続行」や「OK」を押されてはいないでしょうか?

皆様成長された証拠です。素晴らしい! まずは不安感を払しょくし、パソコンに慣れることがパソコン操作の第一歩です。 ですが、ちょっと危険が伴います。 ここで、もう一歩踏み込んで、次の成長の段階に入りましょう(^O^)

次の成長とは 「確認」 です。

確認を怠ると大変なことになります。 以前見たことがある似たようなものでも、実は全然違うものだという事もあります。 ここでインストールをするときの例を見てみましょう。

インストールをする際に、 「次へ」「次へ」と 画面が切り替わっていくと思います。 その際に、なんでもかんでも「次へ」を押していけばいいものでもありません。

確かに、「次へ」を押さないと次へは進めないのですが、 そういう事ではなく、 「その画面の内容を見る」 という事です。

「そんなの見てもわからないし…」 といった声が聞こえてきそうですね(^O^) ご安心ください。 分からないものは飛ばしましょう。 最初からすべての事は分かりません。 ですが、わかるものもあるかと思います。 という事で、最初から「わからないから適当に押そう」という気持ちで見るのではなく 「私の知識で、何かわかるものは無いかな?」 という気持ちで見ていってみてください(^O^) そうすれば、色々と見えなかったものが見えてきます。

例えばですが、 インストールの際の一番最後に 「このソフトをインストールしてもいいですか?」 といった画面がよくあります。 必要なものもありますが、不必要なものもあります。 メーカーさんは、そのソフトを広めたいので、インストールの際に 他のソフトの宣伝・およびインストールを組み込んでいる場合があります。 そうすると、自分にとっては不必要なソフトもいつの間にか入れてしまっている事があります。

最初は、そのようなことがわからなくても結構です。 まずは、インストール時に画面を読む癖を付けましょう。 そうすることにより、徐々にパソコン全体が見えてくると思います。

それでは今回はこの辺で失礼いたします<m(__)m>