ソフト(アプリ)とファイルの仕組みを知りましょう

皆様こんにちは 本日のお話は、「ソフト」と「ファイル」です。 パソコンを触る上で重要なのが、

「ソフト」とは何なのか? 「ファイル」は何なのか?

ということです。わかっているようで、理解できていないのがこの関係性です(^O^)

まず、パソコンを使うというのは、主にソフトを使うということです。 ソフトというのは、道具の事です。 ソフトという道具を使って、ファイルと呼ばれるものを作り出す作業がパソコンを操作することだと思ってください!(^^)!

料理に例えると ソフトが包丁や、フライパンなどといったものです。 それを使って、料理を作る。その料理がファイルだと思ってください 料理を作って、保存しておくのです。食べたい時に、冷蔵庫から出して食べる。 そんなイメージを持ってもらうといいと思います(^O^)

話がそれましたが、このファイルの状態にしておけることがとてもすごいことなのです!

どうすごいか 例えば、ワードで町内会の案内文を作ることにしましょう。 その時、全部仕上げてしまって、その場で全部印刷できれば問題はないのですが、 時間がなくて、途中になった場合、その状態で取っておくことが出来ます。 この取っておく状態の事を「ファイル」といいます。 もしもこれが取っておくことが出来なかったら、また最初からやり直すことになります。 大変ですね ということで、とっておける状態の事をファイルだと思っておいてください。 ソフトといわれる道具を使って、ファイルというものを作り出す作業がパソコンを操作することなのです(^O^)

さて、このソフトですが、パソコンの中にたくさん入っていると思います。 スタートボタンからすべてのプログラムという所を見るとたくさんの名前が書いてあると思います。 これが全部ソフトの名前になります。

このソフト。 全部のパソコンに同じものが入っているとは限りません。 基本的には、パソコンのソフトは必要なものを買って入れていきます。 最近では、メーカーさんが人気のソフトを最初から入れているので、全部のパソコン同じ内容かと思うかもしれませんがそれは間違いです。 何かやりたい時は、電気屋さんとかに行ってやりたいことが出来るソフトを買ってくるのです。 そのソフトをパソコンに入れて使える状況にします。 その作業をインストールといいます。 インストールについてはまた別で詳しくお話ししましょう

「ソフト」と「ファイル」は理解できましたか? では本日はこの辺で失礼いたします<m(__)m>