パソコンで作る時はコピーを多用しましょう(^O^)

みなさまこんにちは(^O^)
今回のテーマは
「パソコンで作る時はコピーを多用しましょう」です。

パソコンで案内文を作ったり、町内会の報告書を作ったりするのは大変だと思います。
特に一から作るのはとても大変だと思います。
この作る作業の際には、コピーを使うと大変便利です。

よくコピーと印刷を混同されていらっしゃる方がいらっしゃいますが、
コピーとは、印刷の事ではありません。
何か書いたものを、また書かなくとも、それをそっくりそのまま同じものを作れることを言います。

コピーのメリットは
1、入力時間の短縮が図れる
2、ミスが少なくなる

このようなことが挙げられます。
まずは、なんといっても時間短縮です。
文字でも、絵でもなんでもコピーが出来ます。
例えば、文字を1000文字入力する必要があるものはその分だけ時間短縮できます。
コピーはなるべく多く使いましょう。

ですが、まれに、2文字くらいでもコピーをされる方がいらっしゃいますが、
それは逆に時間がかかります(^O^)
その場合は、入力したほうが早いので入力にしましょう。

次のメリットが入力ミスがなくなるという点です。
人間ですからミスはつきものです。
パソコンのメールアドレス、電話番号などは数字やアルファベットの連続です。
間違えることが大変多いものとなります。
そんな時にはコピーがお勧めです(^O^)
コピーをしていれば、絶対に入力間違いという事はありません。
絶対に間違ってはいけないものは、短い文章だったとしてもコピーをすることをお勧めします。

住所、電話番号、メールアドレスなどは間違うと届かなくなります。
ぜひコピーを活用してください(^O^)

後、コピーとは若干ずれるかもしれませんが、
似たような文書を毎回作るのであれば、一つを原本として取っておくのがお勧めです。
その原本を開いて、最初に別の名前でファイルの名前を付けてください。
そうすれば、全く同じ内容のファイルがもう一つできます。
その内容の修正したいところだけを直していけばすぐにできます。

そうそう。
コピーをするときには、引き算の発想が必要です。
「これをコピーすれば早いんだけど、微妙に違うんだよね」
っていう時に、いったんコピーをします。
それでいらない部分を削除すればOKです(^O^)
この引き算の発想!
簡単なようで意外に難しいのでぜひチャレンジして習得してみてください(^O^)

では今回はこの辺で失礼いたします<m(__)m>