ワードはおせっかいです

こんにちわ キュリオステーションの森分です(^O^)

今週は、定番ソフトワードについてのお話です。 ワードで何かを作るときに、皆様どのような作成のされ方をするでしょうか?

よく伺うのは、 文章を書きながら、文字を大きくしたり、色つけたりして作っていくというやり方です。 さて、このやり方なのですが、あまりお勧めしません。

 

手順としては、

1、まずは、ひたすら文字を打つ。

2、すべて打ち終わってから、一番上から、大きさや、色を付けていく

 

このやり方が一番お勧めです。 さて、ではなぜこのやり方のほうがいいのでしょうか?

実は、ワードっておせっかいなのです。 「タイトルは大きいほうが目立つから、もう大きくしておこう!」 なんて思って、大きくしました。 その次の行を作って、いざ、文字を書こうと思うと なーんと 同じように大きくなってしまいました 「いやいや、ここは普通の大きさにしようと思っていたのに」 と思っていても、大きくなってしまうんですね。

これがワードのおせっかいなところです。 先に文字を大きくしてしまうと、ワードは 「あ、じゃあ次も大きくするのかな?」 と思って、次も大きくしてしまうのです。 おせっかいというか、世話焼きさんと言うか…

それが助かることもありますが、逆に困ることもあります。 そこで、飾りつけは後回しにして、

 

1、まずは、ひたすら文字を打つ。

2、すべて打ち終わってから、一番上から、大きさや、色を付けていく

という事をしたほうが、効率が良くなるのです。 皆さんも実戦で試してみて下さい

では今週はこの辺で失礼いたします<m(__)m>