互換インクに付いて

みなさまこんにちは(^O^)
今回のテーマは「互換インクに付いて」です。

最近、プリンタについてのご相談が続き、また、それが全て互換インクに関することだったためこのことを書くことにしました。
ですが、これは、ちょっと結論が出ずらく、皆様のお考え方の違いによって異なると思います。
あくまでも私的意見として、お聞きいただけたらと思います。

今回相談を受けた件では、全て「綺麗に印刷が出来なくなった」と言われるものです。
おそらく目詰まりの可能性が高いと思ったので、ヘッドクリーニングを試してもらったのですが、それでも改善が出来ないとのことでした。
よくよく話を聞いてみると、互換インクを使われているとのことでした。

そもそも「互換インク」とは何かといいますと。
プリンタを販売しているメーカーさんが出されているのが「純正品」と言われるインクです。
メーカーさんは基本的にそのインクを使ってくださいと言われます。
ですが、インクは高いです。種類にもよりますが1本当たり1,000円くらいはします。
全色となると結構高額になってきます。

そこで出てくるのが互換インクです。
そのメーカーさんではないところが、そのインクに似せて作っております。
カートリッジの形は合います。
ですが、その中の成分は完全に同じとはいかず、純正品の成分を調べてから似たようなもので作成されております。インクの色も純正品と比べると劣っていると思います。
その互換インクの最大のメリットは、価格が安いことです。
この価格もピンきりですが、安いものだと1本が100円とか、500円とか価格は様々です。
互換インクを出しているメーカー自体が1社ではないので価格は異なります。

安かったらそのほうが好いと思いがちなのですが、デメリットがあります。
それは、プリンタの故障につながりやすいというものです。
純正品というのは、そのプリンタを熟知している会社が、それ専用に作っているものです。
まったく目詰まりが起こらないわけではないですが、起こってもヘッドクリーニングで綺麗になります。
それでも直らない場合は、メーカーさんが修理を受け付けてくれます。

この修理を受け付けてくれるというのがポイントなのですが、互換インクを使用していて、目詰まりして故障した場合は、修理を受け付けてくれません。
買い替えるしか方法がなくなります。

これらを考えたうえで互換インクを使用するかどうかを判断されたらと思います。
最近は性能の良い互換インクも出ているといいます。使っていても故障しないという声もあります。

結局互換インクのメリットは価格だけしかありません。
純正品より品質の良い互換インクは存在しません。
その価格をどう受け取るかがポイントだと思います。

たまにしか印刷しないのであれば、純正品が断然お勧めです。
ちなみに私は、大量に印刷をしますが純正品を使用しております。
やはり純正品に勝るものはないかと思います。
いざ大切な印刷をしようとしたときに故障したりすると支障をきたしますし
生徒様の印刷物も印刷をしておりますので純正品を使用しております。

いかがでしたでしょうか?
ご参考にして頂けたらと思います(^O^)
それでは今回はこの辺で失礼いたします<m(__)m>